コストを押さえたいならローコスト住宅がベスト

初めての一戸建て計画

woman

メーカー選び

結婚を機に、注文住宅で家を建てることにしました。まず、ハウジングサイトに行き、いろいろなハウスメーカーのモデルルームや特徴などを勉強しました。後々思ったことは、このハウスメーカーで建ててほしい、と選んだ理由は、営業の方との相性でした。「会社の注文住宅の特徴やこんな事ができます」「こんな性能になります」等プレゼンするのはとても大事だと思います。しかし、こちらの希望を聞き、「それは良い案ですね」「それはやめた方がいいですね」ときちんと言って下さる営業の方が望ましいと感じました。家を建てるまでは、担当になった営業の方と長い付き合いになるのでやはり相性は大事です。また、注文住宅は床材や建具等色々自分で決める事が多いです。ハウスメーカーに展示してあったり、カタログで見て決めるのも良いと思いますが、実際のメーカー会社に行ってみた方が視野が広がると思います。私も隣の県にある建具メーカー・床材メーカーに行きました。実物を見た方がイメージしやすいです。注文住宅は、全部決めてからすべての発注をかけるそうなので、後々キャンセルができなくなるのでじっくりと納得するまで決めた方が良いと思います。

比べること

やはり、注文住宅は設備等も自分で選べるので、トイレにしろお風呂にしろ床材にしろいろいろなメーカーに行き、比べることが大事だと思います。私の家は、床と建具は違うメーカーにしました。メーカーでそれぞれ良さや特徴も違いますし、自分の好みもあるでしょうから、実物を見て見比べることが良いと思います。それぞれのメーカーは、ハウスメーカー指定の標準品の説明を詳しくされますが、他にも色々な種類があるので、ぜひ見てほしいです。また、すべて自分の好みのものをどんどん言っていくと金額が追い付かないので、私は逐一、それいくらになりますか、と聞いていました。何千万という大きな買い物なので、1万、3万と聞いても大した事ない金額だなと勘違いしてしまいそうになりますが、積もり積もると相当なものになるので気を付けた方が良いです。