コストを押さえたいならローコスト住宅がベスト

夢のマイホームと言えば

インテリア

新築か中古住宅か

マイホームの購入は、イコール新築一戸建ていうイメージをお持ちの方が多いです。中には予算の関係で中古住宅を選択される方もいらっしゃいますが、新築であることのメリットは非常に多いのです。まず、中古住宅をリフォームしても、値段の安い中古住宅であればあるほど年数が経っており、それほど長く住むことができません。そして、耐震性能などはリフォームで補いきれないことがあります。新築であれば、現在の厳しい耐震基準や省エネ基準に適合しており、また、年数が経ってからリフォームすることで、結果的に長く住み続けることができるのです。お子様世代、さらにその先の世代までも引き継いでいくことが可能です。子孫に受け継がれる財産とすることができるのです。

新築住宅を建てる時には

せっかくの新築一戸建てですので、自分たちによって住みやすいものになるように工夫したいものです。そこで、夢の新築一戸建てを少しでも理想的なものにする方法をいくつかご紹介します。まず、間取りや予算が許されるのであれば、個々のスペースがあると良いです。特に、お父さんの個人スペースがあると、お父さんがそこで息抜きをできるために理想的です。また、家事スペースもおすすめです。どちらのスペースも、1〜2畳くらいの狭いスペースでいいのです。お子様に子供部屋があるように、プライベートの確保を適度にできるのが理想です。そのうえで、家族全員がくつろぐことができ、自然と集まりたくなるリビングを作ります。素敵な空間は家族の心も軽くなって会話が弾みます。新築一戸建てという夢を、ぜひ素晴らしい形で実現させてください。